大正時代の裁縫手芸全書

Img_9404 先日、親戚の方から大正時代の裁縫の本をいただきました。

大正7年印刷、定価3円となっています。

本文のはじめは

「裁縫は婦人天職中の重大なる1つであります。女であって此を知らなければ實なき花の如く、その本分を全うすることが出来ません。されば昔から・・・・・・」

うぅ~ん、時代を感じさせます。Img_9407

ところで、本書の中に各織物産地の記述があるのですが、縮緬産地が岐阜と群馬になっています。

調べてみると当時岐阜は丹後、長浜と並んで三大産地と言われていたようです。

岐阜に生まれ育って恥ずかしながら初めて知りました。

この本のいただいたおかげで勉強になりました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)